トゥインゴとの別れ

前回更新が2019年8月と、だいぶ期間が空いてしまいました。全盛期(?)には毎日どころか1日複数回更新していたこともありましたが、年を取ったのでしょうか。生きている以上、ブログをやめることはないと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

さて、突然ですが、トゥインゴとお別れしました。かわいい、小回り抜群、速いと魅力いっぱいの車でしたが、今後のことも考えて、なんと納車後2年でのお別れとなりました。

乗り換えた車は国産車です。

このブログ開設のきっかけは、軽1BOXに乗っていた我が家が新車でルノー カングー(今は貴重な5ナンバーのカングー)に乗り換えたことです。カングーの後は同じくルノーのトゥインゴ(インテンス キャンバストップ)に乗りました。

そして、このたび色々と考えた結果、トヨタのタンクという車に乗り換えました。この車はダイハツのトール(THOR)がベースとなっており、OEMによってトヨタではタンク(TANK)とルーミー(ROOMY)、スバルではジャスティ(JUSTY)として販売されています。

ルノー車に乗っているときはまず眼中になかったトヨタ。と言うより、国産車全体に気持ちが向いていませんでした。

その理由として一番大きなものはデザインです。一目でルノー車だとわかるデザイン。今ではこれは捨てがたいです。もう一つの大きな理由はウインカーとワイパーですね。細かいことですが、運転席に座ればこれらは体の一部と言っても過言ではなく、左右が逆になる(まあ、元に戻るわけですが)ことに意外にも抵抗があったのです。

タンクに乗り換えるまでの経緯は別の機会に譲るとして、タンクにはとても満足しています。また、当たり前のことですが、国産車はコストパフォーマンスが良いですね。今回のタンクの場合、ナビ(テレビ機能含む)、バックカメラ、前後ドライブレコーダー、ETC車載器、サイドのエアバッグなど付けても手が出る金額の車です。

タンクはカングーに比べれば明らかに車体は小さい(長さはパッソよりも短い!)ものの、使い方としてはカングーに似ていると思います。室内は広々としていて、シートアレンジも自由自在で荷物も多く載せられます。

5ナンバーカングーに乗っていた頃のように、タンクを大事に乗っていきたいと思います。

今回は久しぶりのブログ更新でしたが、タンクに乗り換えたことを機に、また更新頻度を増やせればと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

轟仙次郎
2020年04月28日 11:32
私は1台の車を大切に使う方です
ですから前に乗っていた車が夢の中で良く出て来ます^^;
ブレーキが効かない夢が多いですが『アハハ・・』
本当の『愛車』ですね!
yu
2020年04月28日 23:55
仙次郎さん
ご無沙汰しております。
1台を大事に乗るのが理想的ですよね。今回の車は長めに乗りたいと思います。以前のカングーのように。
役車も少し増えたので、そのうちに合成でご紹介します。